Windows7が最も使われているOSに

やっとWindows7がWindowsXPの王座を奪った。長らく続いたXPの王道もこれで収束へと向かっていくことである。この間にも発売されていたVISTAは全くもっていいところが無かった。WindowsというのはOSのアップデートがかなりバージョンごとに大きな変革がもたらされることにはデメリットも大きい。

MacOSであれば、これはバージョンアップはそのサイクルが速いこともあるが、ほとんどインターフェイスの大きな変化とならない。そこでわさがれているのがWindows8の存在である。ビジネスライクに使われるWindowsにとってWindows8で提言されているようなタッチパネルを前提としたようなインターフェイスはこの先どのような扱われ方をするかに市場シェアが垣間見れることであろう。その使われ方はVISTA時のそれ以下であることが予想されてしまう。

iOSのようにMacOSとは分けて考えるというのも1つの手かもしれない。iOSはタッチパネルのiPhoneやiPadのOSであり、MacOSはMacやMacBookなどのOSという枠組みになっている。どちらも寄ってきているのは間違いないが、シンプルを謳うAppleでさえ、そのOSの役割はきちんと分けられているのである。Windows8もそのようなフレームで考えなければ、その役割はとてもアップグレードしたくなるような仕様変更であることは間違いない。

Windows7がもっとも使われているOSとなったことによってInternetExplorer9が前提でも良いことにもなってきた。ChromeやFirefox、Safariなどのブラウザにやっと近づいた感じである。HTML5が機能しないIE8には今後の生き残るすべはないのであるが、XPにはIE9はインストールされるような気配はないので、まだまだXHTML思考で問題はないのではあるが、この辺りのブラウザという最も使われるアプリに今後の課題が残る。

Windows7が最も使われているOSに はコメントを受け付けていません。

アンガーマネージメントに効くリフレーミング

書籍でも見かけたことがある怒りをコントロールする技術とされるアンガーマネージメント。米国プレジデントでは当然のように使われているテクニックでもありますが、上に立つ人間はその術を持っていなくてはすぐに倒れてしまいますしね。逆に天下りでもなければ、上の立場に感情もコントロールできない人が上り詰める訳もなく。

怒りたくなったらどうするかは、自分のビリーブをねじ曲げる必要がある。どちらにしても完璧な正解はない。バランスが大事でその場で対処できることの方がはるかに意味があることも表している。自分の思い通りに行かないから大体は憤慨してしまうのですね。

こうなったらいいのにがうまくいかないから怒りの感情が起こる。だが感情に振り回されてはいけない。生得的に持ち得た感情という優れた機能も時としてデメリットにも働くのです。NLP心理学によく出てくるリフレーミングに似ていて、事の捉え方を変更することでいかようにでも自在に操ることができる。また怒りやストレス的な感情は非常に体に悪いし、何よりも人間の大切な資産の時間を大幅にロスしてしまうから注意したいですね。

アンガーマネージメントに効くリフレーミング はコメントを受け付けていません。

考える×行動で偏りのないバランスポイント

はかどらない仕事があると、まぁまぁと考えたくなるけど、行動力をフルに発揮して頑張るしかないのですね。前に進むことを阻害しているものは、素早く克服して新しい事をどんどんやっていかなくてはなりません。間違いをそのままの状態で放置していくのはよくないことで、実際の行動と伴わなければ意味がない。

考えるってことは行動することと対になっている。このことを忘れがちになってしまいます。行動してなければ全ては意味が無い。どちらかがゼロだと限りなく意味ないことになってしまいます。バランス感覚は体でも体幹が重視されるほど、この中心点を意識できるかがものを言う。

考える×行動で偏りのないバランスポイント はコメントを受け付けていません。

マーチャンダイジングと商品陳列

マーチャンダイジングと聞くと何だか難しそうに感じているけど、要するにどういった商品を売るかとか予定とか推測とか売上についてのお話全般な訳ですよね。近所のお店でももちろん独自なマーチャンダイジングはある訳だし、肉屋とか魚屋、八百屋と看板を掲げて商売をやる訳だから、そこに本とか雑貨とかの商品陳列はしない訳で。

そんでもってプライシングという概念も当たり前のように実店舗で行われていることで、どっか別のお店で特化販売していれば、負けじと自分たちのお店の主力商品は値下げするなりして対応しているはず。真剣に商売をやっていればマーチャンダイジングとかは当たり前のようにやっている訳で、そこで実力や実体験から基づいた一番有効的な方法というのがじゃんじゃん出てくるわけで、机上の空論よりもそちらに従う、お客様と真剣に向き合うという姿勢こそがマーチャンダイジングの基本であるということでしょうか。

でもなかなかできないのはその計測やグラフ化などのデータ化や視覚化。これを感覚だけに頼るとちょっとダウントレンドなのにとか、不満が集中している商品カテゴリはどこだとかもちろん売上はいつもやっていることでわかるだろうが、もっと別なことについての測定をして推移を見るという行為は、あまりしていないことが多いので、普通な活動はしっかりと真似して、独自なデータを取っていき独自のルールを見つけていていくことは大事だなと。

何かこう、数値化できる仕組みはどちらにしても持っておいたほうがいいだろう。汎用性のあるグラフになるソフトとかね。

マーチャンダイジングと商品陳列 はコメントを受け付けていません。

学ぶは真似ぶからを由来とする

学ぶこと。

学ぶ姿勢というか、勉強だけという人もいます。
人生学ぶことだけでOKということを意味していますが、
それだけでいいのではと思うこともありますね。

常に世の中は変化しているし、学ぶことで着いて行くより他ないのかと。

学ぶという語源は、真似をする、真似ぶから来ているとされている。
この真似から来ているということが何を表すのかというと、
真似をしないさいということですね。

偉大な発明も全ては天から降りてきたものすごいことではなく、
以前の何かに影響を受けて生まれたものであり、完全なオリジナルは存在しない。

真似ていくことで、新しいアレンジが加わって、足されたり、間引かれたりして
新しい概念や新しい発想が生まれる訳ですね。最初は真似でいい訳です。

どんなにいいアイデアが浮かんでもそれを伝える能力がないと全く意味ないのも同じ。

真似るだけではなくて、それを自分のプロデュースというフィルターを通して、
この世の中に恰もなかった、初めてなように演じるしかないのですね〜。

学ぶは真似ぶからを由来とする はコメントを受け付けていません。

MacBook Airが欲しいな

11インチのMacBookAirと13インチと迷っている。

  1. ディスプレイの大きさ
  2. SDカードスロット
  3. バッテリーの持ちが5時間と7時間
  4. 大きさ

これが大きな違いだろう。MacBookProだとやっぱり重いから
運ぶのにどうしてもネックになってくるし、ディスプレイの解像度も
大きさの割にMacBookAirの違いがあんまりない。

Thunderboltはモバイル環境では必要ないかなって思うし、
外付けHDThunderbolt対応製品もまだまだだろうから。

ん~SDスロットがある、13インチが本命かな。
MacBookPro15インチと解像度も同じだし、大きさもまあいいでしょう。
USBも2つになったし、イー・モバイルのUSB電源もいけるだろうし、
フラッシュステージだから故障も少ないだろうからね。

MacBook Airが欲しいな はコメントを受け付けていません。

借金をすると首も回らないし利息も大変だし嘘を付く性格に

嘘を簡単につくようになってしまうことがある。
どうにも自分の気が足りていない人だとも言えるけど、それ以上に
借金がある人は本当にかわいそうになる。

その人が悪いといってしまえばそれまでだが、ひとつの病気のように、
利息という果てしない旅が待ち受けていることをしるよしもなく。

お金を借りて、返済にまわしての生活では絶対に回らなくなる。

借金をすると首も回らないし利息も大変だし嘘を付く性格に はコメントを受け付けていません。

デスクトップ手帳に従って行動する

2011年の目標というか、目的というか、しっかりしないといけないところは時間管理。

あっちゃこっちゃで、まとまりのないことやってもどうしようもなくなって、
気がつけば、やる必要のないことばかりに走ってしまって収集がつかない。

唯一優先順位をしっかりたてられるのは、カレンダーであり手帳である。

手帳に予定を書いているときに、むちゃくちゃな事は書かないし、
ちゃんと計画立ててやるべきことをピックアップできる瞬間ですよね。

これをしっかり守るというのが目標…。目標になっていないけど、
支離滅裂な行動をとらないようにするためには、手帳に書いたタスクリストに
従って普段の行動を時間の有効的な活用をしたいものです。

デスクトップ手帳に従って行動する はコメントを受け付けていません。

映画が見たいなぁ

ノルウェイの森をみたいなぁ。

デスノートのエルからファンな松山ケンイチが出ているから、
チェックしてみたいけど、やることがたくさんあっていけるかどうか。

今日はかなり天気がよくて空気が澄んでるから
東京のスキャンラインがはっきり見えて何て気持ちがいいんだ。

映像と映画のことが気になってるけど、宇宙戦艦ヤマトは、
やっぱり男はあまりそそられないが、SPの方がまだいいのでは。

映画が見たいなぁ はコメントを受け付けていません。

携帯のキセカエにハマってます。

きせかえ携帯してますか。

何となく着せ替えというとギャルな感じがしていると思うけど、
ガンダムとかエヴァンゲリオンとかにするとちょっと今までの携帯とは
まったく違った印象になって機種変したような気になって楽しい。

ダーク系のメンズきせかえサイトも登場してきたので、
そこいらもまぁまぁいいのではないかと。
アンドロイド携帯のauがレディガガちゃんを迎えて
ジャンジャンやってるけど、店頭で触ったけどiPhoneの方が
今のところ軍配が上がっているって感じ。

いきなりスマートフォン周りの話になっちゃったけど、
キセカエは携帯の話ね。iMODEだとマチキャラがいろんな動きをして
キセカエというより、携帯ペットに近い感じで、育成ゲームにも
なっていることが多いんだよ。

個人的にはバーバパパも好きで、このマチキャラもGoodだと思っている。

それにしてもアプリって雑誌も出てきて携帯がどんどん面白くなって、
スマートフォンもどんどん新しいのが出て、どうなることやら。

まぁまぁ、一度携帯きせかえしてみるのもいいもんですよ。

携帯のキセカエにハマってます。 はコメントを受け付けていません。